卵子提供の利用に対して男性と女性の間でどのくらいの意識の違いがあるのか

不妊治療の方法の1つとしての卵子提供

結婚年齢の高齢化や、夫妻どちらか、もしくは両方の体に何かしらの不妊の原因がある場合、赤ちゃんを望むカップルは不妊治療を受けています。女性の場合は、卵巣の活動状態により、成熟した卵子をうまく排出できない等の原因もありますが、もともと卵子が少ない、卵子の状態に原因がある場合は、不妊治療が長引く場合もあります。

不妊治療の1つとして、妻以外の女性の健康な卵子提供により、その卵子と夫の精子を使って赤ちゃんを誕生させる技術を利用するカップルもいます。しかし、実際に結婚した男女2人の遺伝子を引き継ぐ赤ちゃんではないことから、卵子提供による出産に抵抗を感じる人も多く、男性よりも女性にその傾向が高くなっています。

卵子提供によって誕生する子どもへの思い

卵子提供による赤ちゃんに対し、夫側は自分の遺伝子を継いでいる子どもという認識が高くなっています。そのため、自分の血を分けた実子という意識から、子どもの存在を受け入れやすい人が多い傾向にあります。
しかし、妻や妻側の家族にとっては、自分達の遺伝子が全く入ってない子どもになるため、複雑な思いを抱く人が多く、最初から卵子提供は考えないという女性もいます。
妻としては、夫が浮気して他の女性との間に誕生した子どものような気がする、自分に全く似ていない子どもを愛せる自信が持てないという声があります。そこまでするなら養子を育てた方がいい、という考えもあります。

卵子提供によって必ず妊娠するという保証はなく、経済的・肉体的な負担もかなりかかります。自分達が父親・母親として産まれた子どもをきちんと認めて育てていけるかを、よく話し合ってから受けるべき技術と言えます。